すべき時を誤ると逆効果!ピーリングすべきタイミングとは?

ピーリングを行うべきタイミング

肌の古い角質を取り除くピーリングは実施するタイミングによって大きく変わります。ピーリングは肌に一定の負担をかけることでもあります。そのため、タイミングを間違えると肌荒れなどを起こしてしまうかもしれません。おすすめのタイミングは朝です。夜寝ている間に古い角質と肌への密着度が下がっているので、朝であれば小さな力でも不要な角質を落としやすいです。しかし、朝の起き立ての時は肌がむくんでいる可能性が高く、あまりピーリングが上手くいきません。朝起きてから30分くらいたった後にピーリングをすることで高い効果を生み出すことが出来ます。もし、ピーリングで肌が少し赤くなってしまっても外に出るころには赤みが落ち着いている可能性が高いです。

気を付けたいピーリングのタイミング

1日の中にはピーリングをするには特に注意が必要なときもあります。それは入浴後です。入浴後は汚れが取れているのでピーリングにはうってつけと思われがちですが、乾燥しやすく肌が刺激に弱い状態にもなっています。お風呂に入った後にピーリングをしたい場合は1時間ほど空けることをお勧めします。お風呂に入った後は温かさで毛穴が開いていることもあります。毛穴が開いている状態でピーリングを行うと毛穴の汚れが取り除きやすい一方で、肌への負担が大きくなります。ぬるめのお湯で洗顔をしておくとちょうどピーリングに良いくらいの状態になるのでおすすめです。夜寝る前にピーリングをするのも有効で、その場合は特に保湿を重視しておきましょう。

© Copyright Effective Peeling Method.All Rights Reserved.